<< 文化の違い(お国柄?)   *... ルーマニアでハンガリー料理♪  >>

一緒に食べよう!  *赤ちゃん離乳食~

【追記@2012’June こちらの記事、加筆・修正して
ママKidsネットワークのコラムへ 投稿しています! 「一緒に食べよう」Vol1 

★レストラン・グルメ情報@人気ブログランキングへ★
子どもたちの未来のために・・・ママKidsネットワーク


「いっしょにたべると、おいしいね!」
b0160930_1165886.jpg
先日の、青山unmarbleにてご機嫌な息子 :)

そう、 「一緒に食べる」と食事は楽しい!
「一緒に食べる」と食事はおいしい!


「一緒に食べる」と たくさん食べる子になるかも、しれません :)




 (続き) 「一緒に食べる」 ために ・・ 私の場合。

赤ちゃんとのご飯、ママは大忙しです。

最初の頃は、ひとさじ、ひとさじ、口に運んで・・・
掴み食べになる頃は、投げたり、落としたり、遊び食べになったり・・
フォークが使えるようになっても、たくさんこぼします。
なかなか食べない場合も多く、食べさせるために大変だったり・・・

よって ママ=食べさせる人は、
赤ちゃんに「かかりっきり」になってしまうことも。

なかなかママは食べられません、用意をしても結局
冷めてしまったり、合間合間に慌ててほおばったり。
ラーメンなんて麺類は悲惨ですね;実においしく食べられない・・
落ち着いて食べられない、というのはまさにこのコト!


昔、仕事に復帰したお友達が 息抜きになったことが
「ランチをゆっくり、味わって食べられること」
と言っていたのが、離乳食を開始すると分かりました。

こんなことから、赤ちゃんとママ(大人)のご飯は別に、
赤ちゃんは赤ちゃんで食べさせ、大人は別に食べること
あると思うのですが、できれば一緒に食べること、お薦めします。

大変です、でも 一緒に食べた方がいい、
忙しいです、でも 一緒に食べた方が赤ちゃんは嬉しい!


ゴックン・モグモグ・カミカミ
大人が食べているのを見ていれば、赤ちゃんは覚えます。

スプーンの使い方、コップの持ち方、お味噌汁の頂き方、
大人が食べているのを見ていれば、真似てくれます。


「おいしいね」「ね~」といいながら
一緒に食べた方が、赤ちゃんにとって食事の時間は楽しい、

食卓を一緒に囲み、団欒して楽しい時間なんだ、と
赤ちゃんが感じると、その時間に一緒に食べる=たくさん食べる、
その時間に一緒にいる=大人と同じようにイスに座っていられる

ようになるのかな、と思います。


+++

私の場合、離乳食を開始する1週間ほど前から(息子6ヶ月時)
私が食べる時 あえてその様子をよく見せていました。
モグモグ、う~ん、美味しい♪といいながら。
その成果もあったのか?離乳食開始はとてもスムースでした。

現在の「一緒の食べ方」は、平日の場合、
朝はパパと私が入れ替わりで一緒に座り、一緒に食べる
(朝はなかなか忙しく全員が揃えないことも多く;また最近は食べるのに
時間がかかるため、これでちょうど息子が食べ終えるくらいなのです)

昼は完全に私と一緒
夜は私と一緒の時と、一緒でない場合は
息子の夕飯に合わせて 私も(遅)おやつ?ちょっと何か食べたりします。

ちなみに一緒の時のママのご飯は、
ご飯の場合おにぎりしておくと片手で食べられるので楽、
ワンプレートメニュー(ご飯に何かかけるとか)もお薦めです。


+++

なかなか食べない、落ち着いて食べられない、という場合
「一緒に食べる」是非 ゆっくり落ち着いて 試してみてください!

しばらく続けたら、きっと効果が出てくると思いますよ :)



★Excite恋愛・女性も書いてます♪ ちょっと過激なこともあるかも?ないかも?一覧
Excite ゆるゆるネタこちらもぜひどうぞ~:)

★つぶやいてます Twitter https://twitter.com/LIN_go2rumania 

地球の歩き方 
 編集部取材&日記 より現地情報+α お伝えしています

★本家・ルーマニアへ行こう!もコツコツ更新中!


★ママの、子ども達の笑顔を増やすために・・
子どもたちのための食・食育・食農ツアー、活動しています!
b0160930_1628129.jpg

[PR]
by foodnotes | 2010-07-30 01:44 | + α 子育て(44)
<< 文化の違い(お国柄?)   *... ルーマニアでハンガリー料理♪  >>