「ほっ」と。キャンペーン
<< エノテカ ピンキオーリ  *閉... Firenzeのビステカ   ... >>

アイスを“頂く”  ハーゲンダッツ・LA MAISON GINZA oishii

実は私は惹かれていませんでした・・・
アイスをわざわざ食べに行く、というのには。

でも今年の夏(7月)に1周年を迎えるとの案内。
そんなわけで・・ ハーゲンダッツ LA MAISON GINZA
b0160930_17401899.jpg
結果、「また行きたい!」リストに仲間入り。
何でしょう…食べた後の満足感。見た目?味?雰囲気?

色々あるのですが、思うに、やはり アイスをちゃんと座って
デザートとしてではなく メインのように“頂く”のが新鮮だったから

ナイフとフォークも並べられ、フランス料理のようなアイスだったからでしょう。
私の中でアイス(ジェラート)と言えばこんな(舐め歩く!)ですから。

では、お店レポ。1階のTake Outコーナー横にWaitingのテーブルがあり、
混んでいる時はそこでメニューを見ながら待ちます。
最初は(場所的に)落ち着かないテーブルだわ、と思っていたので失礼。

「子連れ(自分で座れる)」と告げると、地下1階のソファー席へ。
ベビーカーを持っていく場合だと、テーブル席(2階も)可能ですが
若干2階はスペースも通路も狭いので地下1階がやはり子連れ向き。


私は、定番といわれているもの、
グリーンティーアイスクリーム、ジャポネスタイル
b0160930_1756451.jpg
一番上の白いふわふわは、綿あめ!
きな粉サブレとくず餅にダークチェリーのソースで。
濃厚な抹茶アイスにチェリーが実に合う、これ家でも使えます。

メニューの変更は、大きな変更は年に1回ですが
季節のメニューが出るそうでこちらが夏メニュー。
b0160930_175755100.jpg
リッチミルクアイスクリーム
オレンジジュレスープのヨーグルトムース添え

これはそれぞれ(アイス/ムース/スープ)と味わってみても◎、
でも全て一緒だととろける~♪美味しさ。写真では分かりにくいのですが
HPメニューではよく分かります)ソースにはアマレナチェリーが。
ちゃんとジャポネのチェリーとは味/リキュール使いが違います!
(細かい~でもこういうの同じにしてる/違いを出してる、お店で重要なんです~)

ちなみに、この夏メニューのフルーツスープといえば東欧に多いですよ。
ハンガリーでは夏の定番、通常はベリー系が使用されますが(こんな
お洒落なカフェでもこんな風に出てきます。


b0160930_185355.jpgさてこちら、とても子どもに優しいお店でした。
待っている間、入り口のお兄さんは息子とアイコンタクトをして
&しゃがんで目線まで合わせて、遊んでくれていました。
1階のお手洗いにはベビーキーパー(チェア)もあり。

また息子にはこんな風にミニスプーンとお皿を :)
まだアイスはあげていません、彼は基本おやつ持参。
でも“一緒に食べる”@色々な食の場を学ぶ、ということで。

彼は、ジャポネのきな粉サブレ、ヨーグルトムースは
「ヨーグルトそのまま」ということで一口オレンジと味見を :D

子連れサロンにしてはいけないと思いますが、また息子とも行けたらと思います。
あ、今回は紅茶を頂きましたが、なんとこちらではお酒(ワインやシャンパン)も
いただけます、アイスにお酒か~、息子抜きで夜に行かなくちゃ・笑


*お店Info http://www.haagen-dazs.co.jp/maison/
銀座5-7-17 月-土 11-22 (L.O21 ) 日祝 11-20 ( L.O 19)
ちなみにLa maisonはフランス語で 家 という意味です :)
それほど大きくない店舗(敷地)だけれど、それぞれの階が
それぞれのイメージ・コンセプトがあるお部屋のようで、そんな名前がついたのかしら。





 (続き)実はお店にはお花が沢山!

店内には入り口にも、各階の廊下にもお花が飾られています。
b0160930_1819858.jpg
分かります?アイスをイメージしているそうです、可愛い♪

お花と言えば・・・
b0160930_18201773.jpg
足掛け何年だ、、、お花をしています。
出産してから全然腕を磨けていないので困るのですが
実は草月の師範(名ばかり・・!?)、頑張ります。。

[PR]
by foodnotes | 2010-08-13 00:00 | @ Bar/Cafe (19)
<< エノテカ ピンキオーリ  *閉... Firenzeのビステカ   ... >>