「ほっ」と。キャンペーン
<< イタリアで恋しくなる中華   ... ルーマニアのパン >>

女性は大好き♪アフタヌーンティー  ザ・リッツ・カールトン東京45階

ルーマニア・東欧の本一覧は、こちら(amazon)にまとめています。
ルーマニアのホテル@楽天トラベル、随分使えるところが増えたようです

ホテルのアフタヌーンティーというと、
マンダリンの方が知られている=行かれる方が多い気がしますが、
先にこちら、ザ・リッツ・カールトン東京 45階ロビーラウンジ&バーにて。
b0160930_194115.jpg
こちらがマンダリンと違うのは、普通のセットでは
ティーのチョイスは1種類ということ。マンダリンは各種類でも注文できますものね。
でも複数で行って、それぞれが好みのティーを注文すると
それぞれ大きなポットでくるので、一杯ずつ色々楽しめる結果になりますよ。

この時は伝統のヘブンリー ティーで、私はアッサムに。
b0160930_1115451.jpg
 *連休中や祝日だと普段の料金よりも若干高くなることが多いですよ*
こうやって運んで頂くと女性なら誰でも、ワクワクしますよね。

ここのカナッペはとても好き!
b0160930_112114.jpg
マンダリンよりも凝っていて、パンのしっとり度も丁度良し。

スコーンと一緒に頂く、ふわりとした口どけのクリーム
b0160930_1181043.jpg
クロテッドクリーム(Clotted cream)と言います*詳細は@AfternoonTea本場イギリス

b0160930_125265.jpgピアノの生演奏も流れ、優雅な午後のひととき、
これぞAfternoonTea :)

美味しいものx落ち着く場所xゆったりとした時間
つくづく、こういう時間は“特に子育て中に”必要です!

さて、こちらでは通常席指定ができないのですが
子連れであることを伝えると、
落ち着く席のリクエストを受けてもらえました


その結果、端っこで窓際のソファー席、ベビーカーを置いても
気にならない席をアレンジしてもらえ、
やっぱりホテルは子どもに優しく嬉しい限り。

基本、息子も落ち着いていて一緒に楽しんでいたのですが
実は息子がちょっとぐずった時、これまたホテル対応に
感激した出来事がありました。
先日の*子連れ論 に続き
*子連れのTPO-身だしなみ論 と一緒に今度語ります。

ちなみに、息子はまだ甘いものも食べられないものが多いですし、
このティーを本格的に楽しむには早すぎるのですが
子ども向けのテディーベアティーがあるんですよ♪ぬいぐるみプレゼントだけでなく
可愛い~♪と驚くサプライズも、、
息子のために(?)息子も今ならポタージュや
ポテトサラダなど食べられるし、一緒に食べるということで、私が頼めないか…
次回トライしたいと、テディーベア好きなので考えている私です :)


# ザ・リッツ・カールトン東京
港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
 ミッドタウンの入り口そばにあるホテル入り口から見える
 ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ (1階)もお勧めですよ♪

# Cafe@ホテルと言えば… 
ルーマニア・首都ブカレストのマリオット内にはViena Cafe(現Vienna Lounge)
 がありますよ。ここはブカレストでは一押し!



世界どこでも女性はお茶とスウィートがあれば何時間でも居られる!
一緒にいったAちゃん、楽しかった時間を思い出しました♪
 今年ルーマニアに行く時期がずれてしまったけど、いつか又一緒に!

 
 予約はマリオットルーマニア→ Phone: 40 21 4031901



★本家 ルーマニアブログ
Facebook ページhttps://www.facebook.com/let.go.to.romania

★ブログ運営者 Profile&過去仕事 こちら 
 
★共著書 『東欧のかわいい陶器』 発売中!


★2014' Apr 企画協力座談会・親子で登場!
子どもと一緒に海外旅行! (ダイヤモンドセレクト 2014年 05月号 [雑誌])



ドイツ旅行・ヨーロッパ旅行(ルーマニアへの欧州間フライト手配可能)はc0042797_1053981.jpg
>ヨーロッパ通信 >ルーマニア通信 寄稿中です!

@2013'Aug CREA 母になる>働くママのスケジュール公開で紹介して頂きました。
  『息子のためにフリーランスを選択 海外取材は子連れで!』

地球の歩き方 
 編集部取材&日記 より現地情報+α お伝えしています。
★Excite コネタ ♪ 一覧はこちら
★Excite 恋愛・女性♪ ちょっと過激なこともあるかも?ないかも?一覧




エステ・痩身・脱毛のエルセーヌ:光フェイシャル浄化コース

[PR]
by foodnotes | 2010-08-27 01:43 | @ Hotel ホテル (22)
<< イタリアで恋しくなる中華   ... ルーマニアのパン >>