<< 11月1日は紅茶の日  マンダ... ルーマニアの田舎でBBQ  *... >>

パーティー向け・子連れも歓迎ビュッフェ  新宿(他)クルーズ・クルーズ *続き/子連れ論 vol 2

ショック・・・昨日早朝書いていた記事、ほぼ書き終えた段階で、
パソコンが固まってダメになりました・・・やはり別のところに書いて→挙げないとダメか・・

少し最初に書いたより割愛しますが(泣)気を取り直して・・再び! 


『子どもにとても優しいビュッフェ 権八 : G-zone 銀座』のような
子どもにも嬉しいビュッフェは最近とても多いですね。

新宿・横浜・サンシャインなどにあるクルーズ・クルーズ
ビュッフェスタイルを主流とするパーティー(貸切可)ルームがたくさんあります。
もちろん普通に入れるお席もたくさんあります。
銀座にも阪急内にあったのですが今年の春?初夏?閉店してしまったよう。

のお友達の転職パーティーお祝いパーティーに招かれ、新宿店へ。
b0160930_12103280.jpg
新宿店は前菜ビュッフェ+メイン+ソフトドリンクも飲み放題で2500円、
この時は泡もの(シャンパンなど)をあけたので+αでした。

前菜はご覧のように、小皿に載せられた魚介類や
わさびの利いた湯葉、お口直しシソジュース等、お洒落な大人メニューが多く
でも中には、
ラザニア、コーンポタージュ、バーニャカウダ用のお野菜、お豆腐もあり、
そしてパンも食べ放題なので、小さい子ども連れにも◎。
b0160930_12112560.jpg
息子ほおばってます ^^*

店内はなんだか「いかにもパーティー使用」なお店で
b0160930_12114154.jpg
今まで私が企画では使わないようなお店ですが、でも人数も色々対応可能ですし
子どもイスも完備、お手洗いにもオムツ替えも(後付なので場所は悪いですが)あり
今時は「パーティーでも子連れが多いのね」と思わされるお店です。


そしてこの日のメインはこちら
b0160930_12121216.jpg
前菜は小さく・細かいものが多かったので、想像していなかった「肉がど~ん!」
でもやはり作業は細かいらしく、柔らかく仕込まれていて
またソースがかぼちゃ(でしたよね?ハロウィンの時期ではありませんでしたが)
濃厚でもしつこくなくて、上品な大人の味でした。
前職業柄、横のポテトが非常に気になったのですが(笑)
恐らくベルギー産かと、こちらは息子が頂きました :)


ちなみに横浜店はランチの全てがビュッフェのようです@3000円

+++

さてこちらの新宿店、HPのTOPに、、あれ、なくなっています!?
過去のお知らせで ぐるないのごちになりますに使われたとありました。
*こちらで紹介でもうひとつぐるないに出ていたのが汐留のイタリアンBICE*

また先月ソロモン流というTVでも、原宿の系列店が出ていたようです。こちら
有名なお店なのですね、確かに「そつなく美味しかった」です。
でもひとつ思ったことは、塩の使い方が私には合わなかった、かな。
料理をする夫もそう申しておりました・・・ :D


もうひとつ、こちらのお店、新宿店にあるお土産プリン
これがもーーーーーー絶品でした、プリン好きな私としては、これは別に報告します!

こちら実は、主催者から子ども連れということで頂いたのですが(感謝です)
こういう子ども連れに優しいことがあると、子どもがいたことで徳をすると、
子ども連れであたふたなりがちな時でも頑張って行けてよかったなぁ~と思います。
フランスの子連れで出かけると嬉しいことがいっぱいな子育て支援体制のよう<大袈裟?
フランスでは子ども連れ(数人以上?)で列に並んでいると先に通してくれたり
することが色々な施設である、と聞きました。飛行機の搭乗優先みたいに・・・
:)





 (続き)◆以下、my 子連れお出かけ論 vol 2 ◆

子連れ(特にベビー連れ)で出かけるというのは 大人だけより大変です。
では大変なら出かけなければ、と言われると、それはそなのですが・・・
大変だけど出かけたい=お母さん・ベビーのためにも、
そして、だからこそ、周りが優しいととても嬉しい
のです。。
自分勝手なように聞こえてしまうかももしれません。

でも、子育てをしているお母さん「無我夢中」な時がいっぱいです。
もちろん、これは子連れに限らず、なのですが。
仕事も人生上の色々も、思い通りにならないことはよくありますが
でも何とかなる、何とかできることが多い、多かったです。
でも子育ては 思い通りにならないこと、の方が多いかな。
そもそも「思い通りに育てよう」という方が間違っているのですが。

だから私も今、子育てを経験して、改めて、1人で身軽に動ける時も
子ども連れの人に優しく&声をかけたりできれば、と思っています。

よく我が夫も、電車内の中で 泣いてしまった赤ちゃんをあやす
お母さんに声をかけた
と言っています。泣いてしまったら降りれば良いのですが
降りたくても降りられない時、車内の中で赤ちゃんもお母さんさんも必死でいる時、
「子どもは泣くのが仕事だからね!」と笑ってくれたり
何か子どもに声をかけてもらえると子どもの気が紛れたり、
ちょっとしたことでも、子連れのお母さんにとても嬉しく助けになるのです。

最近私も息子がグズグズしてしまった時、横から「ば~っ!」と
声をかけて遊んでくればおばあちゃん(だいたいお孫さんがいらっしゃる)や
自分の携帯画面の写真を見せてくれたスーツのおじさんに助けられました。

もちろん、お母さん側も、私も、そうして親切にしていただけること
当たり前と思わず、感謝してお礼を述べ、
また子ども連れだと周りに迷惑をかけることもあるので
なるべくそうならないように努力・準備しなくてはいけません
、ね :)


+++

フランスの子育て、働いてるママ・子ども連れで出かけるママについては
こちら・嬉しい共通点ありのフランス在住男前マダムのブログにも♪

台風接近中ですが、Weekend placut pentru totti = Buon weekend x tutti
= Have a nice weekend for all ! 皆様も良い週末を :)




★ママ&ベビー支援 NPO非営利団体 Himemama
 とのコラボで、子ども/ベビー食育情報・コラムなど発信、イベント(!?)も企画中ですよ
過去記事は右欄のカテゴリー(+α)Himemama から ; 
1)野菜好きに育てよう!  *赤ちゃん離乳食
2)一緒に食べよう!  *赤ちゃん離乳食
3)文化の違い(お国柄?)   *子どもの歯磨き編
4)お酒はいけない? 妊娠・授乳中のお酒@文化・考え方の違い
その他
・my子連れ論 vol 1 @銀座・GUCCIカフェにて
[PR]
by foodnotes | 2010-10-30 12:36 | Restaurants 外食 (68)
<< 11月1日は紅茶の日  マンダ... ルーマニアの田舎でBBQ  *... >>