「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大分の給食でも出るもの!  やせうま=大分“だんご”のきな粉まぶし

★レストラン・グルメ情報@人気ブログランキングへ★

これを食べた時には、もう感動でした!!
b0160930_1183151.jpg
うどんみたいでしょう、
大分名物の「だんご」、小麦粉をこねただんごを延ばしたもの※
きしめんに似ているのですが、もっと厚みがあって
モチモチして弾力がある=お餅が好きな私のチェックポイントで(笑)
大分で絶対2回食べるリストに入っていました。

そのだんごを、熱いうちにきなことお砂糖をまぶしたのが
こちら、「やせうま」と言う、大分の郷土料理ということ。

Simple is best, ってこのことなのかも :)
素朴でコレ本当においしい。
シンプルな美味しさって、時間がたっても忘れないのですよね。

これはとあるお店で試食で頂いたのですが、うなりました。
きなこ白玉団子のつるん度をなくした感じでしょうか。

冷えても美味しい、冷えた方がきなこの甘さが濃厚に感じるかも。
この汁も、きっと茹で汁残したまま混ぜるのかな、懐かしい甘さで
絡めるだけでなくて、飲んでしまった私 :)

おやつとして食べられるやせうまは
大分で給食にも出る、とお友達。なんて素敵な~!

こういうのが郷土料理の良さなのだろうな、と
大分が一段と魅力に感じてしまったのでした。(大袈裟?)


※ だんご = 延ばして 麺のように切らず、
 ちぎり切るように切るタイプも、もちろん「だんご」です。
 この方が文字通り「団子」なのかしら・・ :)
 またこのだんごについては別記事で。

★つぶやいてます Twitterhttps://twitter.com/LIN_go2rumania 

[PR]
by foodnotes | 2011-02-21 01:47 | Foods 食材・商品 (51)

どら焼の中身に合うものは?   湯布院・花麹菊家

★レストラン・グルメ情報@人気ブログランキングへ★

どら焼の中には・・・
b0160930_071582.jpg
クリーム・・・??


(続き) いいえ いいえ 実は :)
[PR]
by foodnotes | 2011-02-21 00:29 | Foods 食材・商品 (51)

下町の居酒屋さんはコヅレに優しい  月島・魚仁 うおじん

★レストラン・グルメ情報@人気ブログランキングへ★
★ママ&ベビー支援 NPO非営利団体 Himemama

「場慣れ」する/させる、と言えば・・・

赤ちゃんを居酒屋に連れていくなんて!と言われてしまうでしょうか、
築地のお魚屋さんのお店で有名な(だった?)
魚仁 うおじん
息子はここで「居酒屋さんのザワザワした空気」に慣れたかもしれません。
b0160930_1302268.jpg
道路に面して、こんな風になっているので、
夏は熱くて、冬は寒い、、ので風が気持ちの良い季節にトライを。

基本相席で、非常に混んでいることが多いので、
我が家は17時過ぎに多少席にゆとりがある時間に入りました。
コヅレだと、写真左側のガラス扉(出入りするため開きます)に座るのがベター。
繋がっているイスなので(何というのでしょう、壁についたソファー型?)
また風も一番来ない部分、
ただ横にタバコを吸う人がいたら諦める。
居酒屋だから仕方ないのかもしれませんが、
前面禁煙の居酒屋、コヅレでなくても望んでいる人はいないのかしら・・

+++

お刺身が美味しいと聞いていたのですが、それよりも私は
まるでスペインのバール(立ち飲み屋)のように
厨房の前にずらり並んだお惣菜のお皿
に惹かれました。
でもね、スペインと違うのは、厨房の方はあまり愛想が良くない~
日本語が堪能なアメリカ人のお兄さんがお店の雰囲気をまとめている感じ。


サトイモ煮や、ブリ大根@確か300円?350円?安い~!
b0160930_1394940.jpg
焼き物以外はそんなお皿から取り分けて出てくるものも多く、
注文してすぐに出てきます。
この飾らない(雑な・笑)盛り方がいかにも!

息子が食べられるかな、と思って注文した鮭チャーハン、、
b0160930_1423470.jpg
鮭がゴロゴロ塊で入っていて、ネギもたっぷり!なのですが、
かなーり塩辛い、飲み屋の大人チャーハンでした⇒よって夫用に。

b0160930_1444343.jpg息子は持参したおにぎりと玄米ぽんせんをポリポリ。
サトイモも多少濃い目ではありますが、頂きました。

そうそう、こちらテーブルがとても狭いので
目の前のお皿やモノをガチャガチャいじってしまう子には
向かないお店かと思います
。お皿やコップを
子どもの目の前からどかす・・・どかしたくても
隣の人のお皿も含め、テーブルはぎっしりなので。


そんな店内なので、自然と周りの人と会話が
始まったり、盛り上がったりするのが
下町のお店の魅力なのかしら。
この日はラグビー試合の勝敗で盛り上がっていました。

息子にも話しかけてきてくれ、よく食べる!と誉められ
みんなよく笑い、お店の雰囲気はとても良し。
条件的には悪いかもしれませんが(飲み屋、吹さらしの部分も有、
相席、狭い、タバコも時々)コヅレ歓迎モードは高い方かと。


その他、しいたけも、焦げと塩加減は良かったし。
b0160930_222328.jpg
炭火焼の美味しさを堪能、賑やかにお酒が進みます :)

お店の前には、鮪ブツや、自家製チャーシューなどが並べられていて・・
b0160930_234226.jpg
終始この店前テイクアウトを買っていく人たちが絶えず、食事後、私たちも物色、
翌日ラーメン用にチャーシューを購入しました@500円。
ただお魚屋さんだからか、魚のダシ味するチャーシューだったので、
ラーメンではなく、おつまみで白髪ネギ乗せに変更。

お土産チャーシューも入れ、2人で飲んで・食べて4900円!
また春になり、暖かくなったら行ってみようかと思います。

# 魚仁 うおじん 
中央区月島3-12-5   03-3532-6601

★つぶやいてます Twitterhttps://twitter.com/LIN_go2rumania 

[PR]
by foodnotes | 2011-02-15 01:40 | Restaurants 外食 (68)

「がっつり」中華を表参道で。   蓬莱・HORAI   *コヅレ論 「場慣れ」

★レストラン・グルメ情報@人気ブログランキングへ★
★ママ&ベビー支援 NPO非営利団体 Himemama

表参道に行くと、いつもどちらかというと
「お洒落な」雰囲気のお店に行くことが多い(行きたい!)のですが
この日、なぜか吸い込まれたように入っていったのは・・・
b0160930_093035.jpg
中華・蓬莱・HORAI
青学からも近く、路地にはイタリアンや、パーティー向けのお店も多い場所。
そんなエリアだからか、いかにも中華!という匂いが外見からもせず・・・

お店の中から外を見てもこんな感じ・・・
b0160930_091853.jpg
ね、落ち着いた感じに見えるでしょう :)

でもでもですね、中(店内)はすごいんです。b0160930_0193443.jpgサラリーマンがいっぱい!
しかも「若い」サラリーマンがいっぱいいっぱい、
ワイワイ、げらげら、賑やか。

1人がけの席にも麺類をすするお兄さん、おじさまがいっぱい、
女性グループもいますが 7~8割は男性かも。

威勢がいい、はちまきをしたお兄さんとおじさんがキビキビ接客をしていて
一瞬ここは表参道だったか?という賑やかさと活気。

= 子どもが多少賑やかでも、全く気にならないお店 :) 

なぜ男性が多い?賑やか?ってそれは、、
b0160930_0224443.jpg
量がすごい、ものすごいボリュームなんです。
ランチ・1000円で3種類からメインを選べるタイプ、
私たちは子どもも食べられるように 八宝菜を。
この日の他のメインは、鶏肉野菜のカレー炒めと肉シュウマイ、
そのメインが、多分直径25cmくらいはあるお皿にたっぷりで、
出された時に思わず「すごい量ですね」と店員さんに言ってしまうほど。

「ご飯はお代わりできるからねーボク(息子)もいっぱい食べてね~」
といわれるご飯も既にすごい量、これなら息子と一緒でも十分に足りる!

これなら若い男性達もお腹いっぱいになれて、
上品な量が多い表参道界隈で人気が出るでしょう :)

言い方は下品ですが「がっつり食べたい」時用のお店に!
表参道だとブッフェなどでないと「どうも足りない」とつぶやく夫を今度連れて行こう・笑

量ばかり言ってますが、味も本格的ですよ。
しっかり味はついているけれど、濃すぎない/しつこくない、
野菜の味をちゃんと生かしている中華、今度は麺類を食べてみます。

#お店情報 渋谷区神宮前5-49-1  03-3400-1051
 食べログPage http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13001138/

【子連れ論 “場慣れ”すること】

こういう混んでいるお店、
なかなかコヅレだと入りにくいな~と思うと思います。
b0160930_0413111.jpg
でも案外入ってみると、
歓迎されたり、周りの方も可愛がってくれることも多。

「場慣れ」させれば、子どもは案外平気です。

ランチタイムで皆さん回転が早いですが、
それに合わせてか「集中して食べられる」ようになったり。

あとは、店内が込み合ってることが多いので
子どもの支度などする時にも邪魔にならないようによく注意。
お店の人にお手間を取らせないよう
おしぼり(濡れティッシュ)の予備は多めに持参、
よくスプーンやフォークを落とす子ならMyフォーク持参もお勧め
=お店の人に新しいものを何度も持ってきてもらわなくても良いよう、
子どものクセに合わせて、親も準備しておくことが大事です。


ちなみに、わが息子はすごい食欲で 
食べたいーー!、食べさせて~~と騒ぐこともあるので「海苔」を持参します。
そうすると、子どもに取り分けたり、切ったり・・・待たせている間、
ちょっと親も食べたい間 海苔を渡しておくと自分でむしゃむしゃ=静かになる、
ご飯もものすごい量食べてしまうので、ちょっと海苔で休憩(笑)
場をもたせるために、「時間稼ぎの海苔」と我が家では言っています。

帰り際、お店の方・周りの方に「お騒がせしました」は忘れずに。
(実際騒いではいなくても、コヅレはせわしなく賑やかに見えてしまうもの。
周りのお客さんの心情を悪くしないよう・・
お客さんがコヅレ嫌となると、やはりお店側もコヅレお断り傾向が強くなります。
 

★つぶやいてます@
 Twitter https://twitter.com/LIN_go2rumania

[PR]
by foodnotes | 2011-02-15 01:09 | Restaurants 外食 (68)

“味見”コースでも満足♪  銀座・リストランテ・アルマーニ

★レストラン・グルメ情報@人気ブログランキングへ★
お蔵入り記事を整理・・・。
書きかけで放置されていたので、最後まとめて・・・笑

そうしないと、もうすぐ「春」のコースになっちゃいますよ~、という
銀座リストランテ・アルマーニの、冬の期間のメニュー。
b0160930_1616331.jpg
Merluzzo Tara con emulsione di bottarga italiana,
passato di peperone rosso affumicato e panissa
鱈のソテーとヒヨコ豆のパニッサ 赤ピーマンのスモークとカラスミのソース

後でも書きますが、ここのお料理は イタリアのどこの料理というのではなく
各地方ならコレ!というものを少しずつ取り入れてるのかと。

この時のVini(ワイン)は・・
b0160930_16212524.jpg
写真は奥が:Barなどで最初の1杯にいつも飲みたくなるキール KYR
手前は…え・・・・と;;;確かALDENOのものだったような・・・
ちょうど Novelloの時期(フランスで言うヌーヴォ)で、teroldegoがここでも
作られていると知ったばっかりで印象に残っていたのと同じだったかと。。
ちなみにAldeno社のものは、銀座のココで飲まれていたもの、
更に、その中のリストに入っているシチリアのCusumano社の
パッションフルーツ感がある白AlcamoはこちらのXmas会へチョイスしたもの :)
・・・とこういう「繋がり」を見つけるとなんだか嬉しい私ですが
ちゃんと押さえるところ押さえておかないと怒られそうです。。。
AIS<<先月の新年会@表参道の穴場イタリアン、これも書きたい~

というわけでお店Open時仕事で通っていた(建築家について周っていた)
ARMANI GINZA TOWERのリストランテへ再び。
ここは、先日用事で立ち寄った時には息子も一緒に上まで行きましたが、
赤ちゃん(子ども?)は不可です。大きくなってからね :)


この夜は 時間を若干気にしてのディナーだったので
Assagi (味見)という短めのコースをチョイス。
b0160930_16232869.jpg
でもここは一番少なめのAssagiコースでもかなりボリュームがあって、
一口前菜、前菜、パスタ、メイン、お口直し、デザート、カフェ・チョコ と
出てくるから女性には十分、CPも良し!と思っています。

前菜はPolpo Madako cotto nell olio al timo con crema di patate e sedano,
pomodori appassiti e salsa verde all' Italiana
真蛸のコンフィ タイム風味 ジャガイモとセロリのクレマ
シシリアンルージュのセミドライ、サルサベルデのアクセント

ぱっと見、美しくないのは(お店の方すみません;)
本当はお皿横によけてあるポレンタを薄く延ばして焼いたものが
この前菜に蓋(傘)のようにかかっていたのですが、取って撮影したためです。

風味がとても豊かなオリーブオイルで、赤葉ラディッキオ(チコリー)も嬉しい♪
ラディッキオのピザ知ってますか@恵比寿で美味しいの発見♪

パスタは本来は2種類からひとつ選ぶのですが、6人いたのであるお願いを・・
b0160930_16275419.jpg
2種類をそれぞれのお皿に載せて頂きました。
Garganelli freschi con guancia di tonno, pomodori secchi,broccoli
e scamorza affumicata campana
“ガルガネッリ”マグロの頬肉とドライトマトのラグー スカモルツァアフミカートの香り(写真右)
・Testaroli con salsiccia di maiale, funghi eringhi, shitake e maitake con mascarpone italiano
“テスタローリ”サルシッチャと季節の茸、マスカルポーネのクリームソース (写真左)

トマトとクリームで系統が違うのでシェフとしてはお勧めしないのですが
両方食べたい~という我がままを聞いてくださり感謝。
最近イタリアでもこんな風に色々な味を楽しめるようにしてくれる
お店はレストランでもピザ屋さんでもあるんですよ。
お皿を交換したり、つついたりする習慣がないから、でしょうが。

鮪の香りが強めパスタでした。サルチッチャとはボローニャ地方で食べられる
肉がごろごろしたソーセージのようなもの。ソーセージ形状なのに
わざわざ開いて(広げて)BBQで焼いたりするのです、旨みが出るんです。

そしてメインは最初のお魚、か仔羊のローストを選べました :)

そしてデザートのケーキは・・・ちょっと私お恥ずかしいミスをしてしまい
参加者みんなにとってのおめでとう~をしたかったのでプレートを
つけてもらったのですが、すごい単純なイタリア語のミスをして・・・;;
シェフ?は、厨房の方が気づいてくれたと思うのですが、、ははは。
先日Facebookでお友達から「イタリア語が低下してるぞー」との指摘を。
まずいです、仕事で使っていたとは言え、自分に甘えている最近です。。


そんなかんなの楽しいディナーに感謝 :)
b0160930_16384343.jpg
この日は皆さんパパが子ども達の面倒を見てくれていて
久しぶりにゆっくり大人ディナーを楽しんだのでした。

また第2段します? :)

ペニンシュラのPeterも食の仕事をしている人にも珍しいデザートや
(組み合わせや発想が斬新!!)お皿使いが私は好き、
アルマーニのような“整ったイタリアン”だとBICEもお勧めです。

+++

ちなみに・・・まだ行けていません~~
年末から気になっているフレンチがこちら@神楽坂 
レストラン“ルグドゥノム ブション リヨネ”
全く詳しくないのですが、個人的にフレンチに色々ご縁?がある
最近です。あ、でココはお昼だと子ども連れでもOKなようです。


#先日お尋ねされた自宅でエステが受けられるのは 
 『子どもと一緒に、お家でマッサージエステ♪』詳細はKanaeさんまで :) 

[PR]
by foodnotes | 2011-02-11 16:59 | Restaurants 外食 (68)

季節外れの・・・シュトレーン。  *ドイツの味を求めて・・・

★レストラン・グルメ情報@人気ブログランキングへ★

お蔵入りになってしまう写真を・・・
チョコ話題で賑わう2月に、なぜかクリスマスのシュトレーン。。。
b0160930_15172655.jpg
切り口だけ見て、どこのものか分かったらすごい~という程
各店舗のシュトレーンの中身の見かけにとても違いがある、
というのが日本で買うシュトレーン、かと。

もちろん本場ドイツでもお店によって違いますが
よっぽど「いかにも商用です」と箱詰めされたシュトレーンでなければ
(日本にドイツから入ってきているのはこのタイプが多い)
スーパーに仕入れられている小さな店舗のシュトレーンや
包装が雑で周りの粉砂糖が溶けちゃっているよ~というタイプまで
姿形はだいたい似ているものが多い、ですよね??
…過去10年、7個、いや8個?ドイツのシュトレーンをもらいましたが…


話は戻り、最初の写真のものは、中央に集中してアーモンドペーストを大量に
入れている、ダロワイヨのものです。
甘さがシュトレーンにしては控えめでした。
うす~く切って食べるものなので、もう少しインパクトがあっても良し。

こちらは、ジュエルロブションのシュトレーン。
b0160930_15325498.jpg
ここのお料理は美味しいのだけど(お客さんでした~)
ケーキは う~ん、、、見かけだけでリピートはなし、だったのですが、
ある時パンを買ったらはまってしまい、じゃぁシュトレーンも、と。

フルーツやナッツのぎっしり度がドイツに近いですね。
でも表面がちょっとパサパサ気味、写真で見る感じでは焼きすぎなのかしら、
かじるとホロっと崩れてしまうのが、もちろん
コレはコレで好きな人はいるのでしょうが、ちょっと違うなあ~と。

もうひとつ食べたのですが、写真がなく・・・ :(

シュトレーン、これぞ!というものにはまだ出会えませんでした@去年の日本。

ひとつ思うのは・・・

多分、日本で作るシュトレーンは小さいからかと。。。
もともと日持ちがするお菓子だし、ドイツでは スーパーに
確かに小さいものも売っているけれど、基本 どーーんと大きい。
b0160930_1551198.jpg
日本のシュトレーン、たま~に大きいサイズが
売られていますが、それでもドイツのシュトレーンの2/3か、半分サイズ。

写真にあるロブションのものも、これ、どう見てもミニですよね
=子どものお手拭BOXより小さいもの。これで中くらいのサイズでした。

たぶん大きいサイズになれば、必然的に製作工程や焼き時間や
ドイツものと近くなって 同じような味が出しやすいのかな!?
めったにお菓子は作らないので言っているだけですが。

また来年ちびちび開拓します・・・ :)



★いまさらですが・・・
 Twitterやっています! https://twitter.com/LIN_go2rumania 
 ブログ更新情報/たま~に携帯からつぶやいております、ので
 よろしくお願いします~♪

[PR]
by foodnotes | 2011-02-11 16:07 | Foods 食材・商品 (51)

パリからの大人ホットショコラ   ア ラ レーヌ アストリッド 麻布十番

★レストラン・グルメ情報@人気ブログランキングへ★
バレンタインが近いからでしょうか、写真無しの記事だったのに
先週検索ワードが一番多かったのは、銀座ショコラハート
何かの番組で取り上げられたのかしら・・??

さてまたチョコ話題を。我が家で今ブームなのがホットチョコ。
夫曰く、寒い雨の日に飲んだフィレンツエでの味が忘れられないとか。(キザ~!笑)

寒かったこの日も早速・・・ :)
b0160930_134875.jpg
ベルギーの王妃 Astrid の名前が店名の
ア ラ レーヌ アストリッド a la Reine Astrid
事故死した王妃の死を悼み、王妃の名に恥じないクオリティーを
約束して始まったという、パリ創業のチョコレート・サロン…

… が、期間限定で発売しているのが このホットショコラ。

濃厚で苦味が強い(と私は感じました)カカオ感が大人の味。
でもそのカカオ感に対し、飲み終った後は意外とすっきり!
さらっとしているのです。
北海道牛乳を使っているとのことでしたが、北海道乳も
案外濃厚なものが多いのに、濃厚x濃厚=すっきり!?黄金比があるのかなぁ?

ピンクがかったオレンジ使用の店内には
可愛いプレゼントボックスや、パリの風景写真など飾られ、、
b0160930_1310679.jpg
チョコレートケースを開けるたび ふわ~っと香るパリから運ばれた
チョコの香りに包まれてると、あ~冬の幸せ :)

今度はお土産にチョコを買っていきましょうか ・・ :)


ひとつ残念なのが・・・
[PR]
by foodnotes | 2011-02-05 13:16 | Foods 食材・商品 (51)